Sony Ericsson‎ > ‎Xperia Play‎ > ‎

Xperia PlayにCyanogenMod 7を導入



カスタムROMの王道、CMことCyanogenModを、SO-01Dとして国内でも販売されている
Xperia Playへ入れてみました。


必要なもの

FXP044-update-cm-7.1.0-XperiaPlay-R800i-KANG-signed.7z
gapps-gb-20110828-signed.zip
CM7の最新のnightlyまたはstable

ビルドが4.0.2.A.0.42でない場合は以下も
FlashTool
Xperia Play (R800i)_4.0.2.A.0.42_TW.ftf.7z


導入方法

1)ブートローダーをアンロックする(SIMロックフリー版は公式ツールを用いた方法でも可)
2)ビルドが4.0.2.A.0.42でない場合、Xperia Play (R800i)_4.0.2.A.0.42_TW.ftf.7zを解凍して
   出てきたftfファイルをFlashToolで焼く
3)FXP044-update-cm-7.1.0-XperiaPlay-R800i-KANG-signed.7zを解凍し、boot.imgを
   fastbootから焼く
   fastboot flash boot boot.img
4)電源ボタンを押し、Free Xperiaロゴが現れたらボリュームボタンをポチポチ押すと、リカバリーに入る
5)CM7の最新のnightlyまたはstableと、gapps-gb-20110828-signed.zipをSDカードにコピーする
6)/data、/cache、dalvik-cacheをwipeし、コピーしたzipを焼く
7)再起動して完成


少し使ってみて気付いたことは、他のデバイス用のCM7と違い、海外版公式ROMに入っている2つのアプリ、
「アプリを取得」と「ゲームを取得」が入っているところです。

また、公式ROMから抜いたクラッシュバンディクーをインストールしたところ、不具合なくプレイ出来ました。


相変わらず説明する気あるのかって感じですね…

何か質問や感想がありましたら、気軽にコメントください。

2011/11/04




Comments