Sony Ericsson‎ > ‎Xperia mini pro‎ > ‎

Xperia mini pro UOT Kitchen でテーマ作成



UOT Kitchen こと Ultimate Online Theme Kitchen でテーマを作る方法をご紹介。
今回はHTCのSenseっぽい物を作ろうと思います。


1. UOT Kitchen でzipを作る




UOT Kitchen へ行き、メニューから Kitchen を選択すると10個のタブが現れます。





まずはバッテリーから。
Use this mod にチェックをつけると下にメニューが出てきます。

今回はSCB with % の Vesrion P を選んでみました。





そしてアイコン。
迷わず G7 HD Sense を選択。





ステータスバー。
mini pro は mdpi なので、 hdpi から mdpi に変更します。
※mdpi→HVGA hdpi→VGA

変更したいアイテムにチェックをつけてから、スタイルを選びます。
デフォルトがSenseになっているので、今回はそのままです。





ポップアップ。
スクロールしたときに画面端が光る効果や、ポップアップ、ボリュームバーの色などが変更できます。

今回は橙色を選びました。





ロックスクリーン。
AOSPのROMでしか使えないので、今回は使用しません。





ウィンドウアニメーション。
画面が移る時のアニメーションを変えられます。

しかしどれもしっくり来ない。。





フォント。

今回は F20 Segoe WP を選択。





ブートアニメーション。

Select place for bootanimation のところは、system/media/ (Cyanogen ROM) を選択。
一つ下のsystem/media/ (Galaxy S GB ROM) との違いはよくわかりませんが、
今回はこれで上手くいっています。

今見ても格好いい Nexus One のものを選択。





ファイルのアップロード画面

テーマ変更用のzipを作るため、リストからROMを選択するかシステムファイルをアップロードします。
mini pro の純正ROMなんてリストにあるわけがないので、framework-res.apk と SystemUI.apk をアップロードします。



ここまで終わったら最初に来た Summary ページに戻り、Submit work to kitchen を押すとサーバーに送信されます。

しばらくすると Kitchen の右にある Pickup ページに、zipが出来ています。


2. Clock Work Mod リカバリからzipを端末に焼く

下のサイトから、recovery.imgをダウンロードします。


端末電源OFF→Vol upボタン押しながらUSB接続でブートローダーに入ります。

コマンドプロンプトから
fastboot boot recovery.img
とし、Clock Work Mod リカバリで起動します。

install zip from sdcard → choose zip from sdcard → UOT-mm-dd-xx-xx-x.zip

reboot device

上手くzipが作れていれば、テーマが適用されます。





























そして完成したのがこちら
ブラウザなどのアイコンや、時計などもSense仕様にしたくなりますね。。

下にbuild 4.0.A.2.368 用のzipを置いておきますので、欲しい人はどうぞ。


何か質問や感想がありましたら、気軽にコメントください。

2011/08/29




ċ
UOT-08-29-01-08-1.zip
(7241k)
doggisma doggisma,
2011/08/28 18:43
Comments